Q) 咬合の異常について

A)
咬合の異常というものが、単に形態的な異常にとどまらず、機能(咀嚼、嚥下、発語)の異常を生じます。この、機能の異常が歯科におけるいろいろな問題をひきおこします。すなわち、歯が磨耗する、補綴物が壊れる、歯周組織の破壊(歯槽膿漏といわれるもの)、顎関節症そして、心理的な問題、さらには、全身的な問題、全身的な不快症状、全身疾患へときわめて多岐にわたって大きな問題をひき起こしています。歯科医だけでなく、患者さんも歯科医療における咬合の重要性を認識し、咬合を正しく理解することが大切でしょう。

PAGE TOP