Q) あごのずれと歯科治療の関連性についてお聞きしたいのですが?

A)
あごの位置は体のバランスに随分影響を与えます。 あごの位置がずれると、そのずれを補正するために首、肩、腰も微妙に位置を変えます。 頭の重さは、首の骨にのり、腰の骨にのり、骨盤にのり、足にのります。 頭の重さは成人で平均6kgもあり、その重さは大変なものです。 だるま落としの場合、バランスを崩すと頭は落ちてしまいます。 しかし、人間は筋肉と神経がまがりなりにフォローします。 頭の重みが骨の中心にのりきれていなくても、筋肉が、神経が頑張ってしまうのです。 肩こり、頭痛、手足のしびれ、五十肩…。

歯科治療として、顔のゆがみや姿勢のずれを口の中だけではなく、体全体のバランスを見ながら整えていくことが大切なのです。『ずれた姿勢は万病の元』。逆に言えば、ずれた体を本来あるべき位置に戻せば、自然と新陳代謝は向上します。

PAGE TOP